キャリーの災難

管理人
「このブログを覗いてくれてる皆さん!お久しぶりでーす!管理人でーす!」

キャリー
「ヤッホー!キャリーだよ~♡って…ちょっと管理人アンタさ~…どんだけお久しぶりなのよー!何してたわけー(# ゚Д゚)ちゃんと言い訳あるんでしょうねー?」

コーン
「も~キャリー!!そんなにカリカリしたら管理人さんが可哀想だよ~!きっと理由があったんだと思うよ。どうしてたのか聞いてあげよっ!ねっ!!」

キャリー
「あらっコーンじゃん…アンタもそういえば久しぶりね…管理人にいいカッコしてるんじゃないわよ!相変わらず鬱陶しいわね~。」

コーン
「えぇーっヒドイっ…!?…(´Д`|||)ガーン
(ボク何でこんなヒドイ事言われるの?)管理人さん…ちゃんと理由あるんだよね~…?(T_T)」

管理人
「うぐっ…も…勿論よ…ちゃんと理由はあるのよ…」

コーン
しくしく…(T_T)じーーーーーっ…

管理人
「それがね♡実は~!ジャーーーン!!Tシャツの現物が届いたのよ~☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆」

キャリー
「えーー!ホントなの~♪(ドキドキ)」

コーン
「そーだったんですね~♪(ワクワク)」

管理人
「そうなのよ~!素材とかサイズ感とか見て、お知らせレポートする為に準備してからお知らせしようと思ってたのヨ♪」

キャリー
「前回のくだりだと見切り発車なんだと思ってたけど、計画本当に進んでたんだー☆見たい見たーい!!」

管理人
「フフフ♡勿論紹介するわよ!!じ…次回ね(;´∀`)」

キャリーコーン
「へ???」

管理人
「実物は凄くいい感じだったの!それをちゃんと伝わるレポートしたいじゃない…念入りに準備してるんだけど、まだあの方からGOサインが出ないのよ~。」

キャリー
「あの方ってアレよね??アイツそんな権力者なの?ってかさ~…

謎の男Z氏←コレ誰??」

コーン
「キャリーダメだよ~!あの方をコレ呼ばわりしちゃ~!?ほらっ早く謝って~!!凄く恐ろしい人って隣の ゴマダさんが言ってたよ~!ドコからでも現れて相手を闇に葬るって!!」

キャリー
「((´∀`))ケラケラ♪ちょっと~ゴマダさんの言うこと信じちゃってる訳??突然現れるとかありえないってー笑!」

怪しい雲が漂い「ゴロゴロゴロー」突然の雷…「パチンっ…しーーーん…」当たりの電気も消え静まり返る闇の世界…

「あれ停電??」
「えっ…急に停電なんて…」

……「シュタッ」何かが突然現れる…
「きゃー何なの…ムグ」「ゴンッ!!!!」鈍い音が響き渡る…「バタン…ズルズルズル」何かを引きずる音…「シュ~」一瞬の淡い光と共に何かが消えた……「パチッ!!」

コーン
「あっ!?電気付きましたね!(ホッ)急になんだったんでしょう~皆大丈夫ですか?ってあれ??キャリーは!?」

管理人
「キャリーは…口が災いしたわね…(遠い目)
さっ私達も今日は帰りましょ…あっ…皆さん次回こそは必ず実物レポートをしますので、楽しみに待っててくださいね♡それじゃーまた~!」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です